03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

二段階胚移植 二回目

2010.04.04 (Sun)

きのう、4月3日(土)二つ目の胚ちゃんを戻しに行ってきました。

移植する前に先ず、培養士さんからその日の午前中の段階での胚の状態の説明が・・・。

結果は、グレード4AC

私にしては上出来です

そして服を着替え、いざ例の部屋へ・・・。


ところがそこには、今まで見たことのない女医さんが。
しかもまだ若そう・・・。
ちょっぴり不安・・・。


案の定、ベテランの女医さんが傍で見ていたとはいえども、本来なら五分ですむところを、
倍以上の時間で、器具を子宮の中であっちにこっちにと押し込まれ、痛いは腹立つはで

傍にいた看護師さんたちが、「あと何センチ!」とか声かけするほどで!
あと2、3分で終わらなかったら「他の先生に代わっていただけませんか!」
と叫ぶつもりでした。

そうこうしてるうちに、なんとか移植は終わったんですが、今度は不安が襲ってきました。
「大丈夫かな。。。先に戻した胚までさっきのカテーテルで振り回されて潰れてしまってないかな・・・。」
などと。

その影響なのか何かはハッキリ解らないけど、今朝起きれば体温は36.6℃と低く、
おまけに昨日まであったお腹の張りや胸悪さなんかは一切ございません

移植の時も、不足しないように水分も摂っていたし、超音波でもそんなに写りが悪かったとは到底おもえないけど、
もし万が一、きのうの新人のドクターのせいで着床になんらかの悪影響があったりしたら・・・とか、
イヤ~なことをアレコレ考えてしまってしまう今日の私です
スポンサーサイト
14:15  |  未分類  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。