02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

本日、採卵

2010.03.29 (Mon)

行ってきました、採卵。

結果は・・・3個しか採れませんでした。

やはり私はLHが深夜のうちに急激に上昇する傾向があるらしく、
本日最後の12番目の採卵で、遅かったというのもあったんでしょうか、
期待していた大きめの成熟卵などは排卵してしまった後でした。

今回、三度目の採卵でしたが、初の女性ドクターで、静脈麻酔をしていたにも関わらず、
今までで一番(めちゃくちゃ)痛かったです(T_T)

しかも血液の塊がでてきて出血がけっこうあり暫くベッドで横になっていました。


今回は過去三回とも胚盤胞だったにも関わらず、着床すらしなかったので、
院長の提案で「二段階胚移植」に決まったので(SEET療法はここのクリニックではしていないそうで)、

4月1日に3日目の胚移植、
4月3日に5日目胚盤胞移植となります。

あとは胚ちゃんたちが無事に受精して、育っていってくれることを祈るのみです。

しかしここでまだ気がかりなことが・・・


私は以前に子宮外妊娠をしており、左卵管を全摘出してる過去があり、
残りの右卵管も卵管造影の結果、98%詰まっているらしく、
ひょっとするとひょっとして、3日目の胚を戻した場合、子宮外になる確率もなきにしもあらずで・・・。

でも院長曰く、「うちのクリニックでは外妊になる人は非常に稀で、あなたみたいに移植3回とも着床しなかったとなると、二段階でもして確立をあげる方法で挑戦してみるのも一つでは。」云々・・・。

明日あたりまた家で「よもぎ蒸し」をして、
移植後24時間以内に鍼灸に行くつもりです。



うぅ~~ん(ーー;)

まだまだ不安は尽きません(>_<)

スポンサーサイト
21:44  |  未分類  |  Comment(6)

できることは何でも!

2010.03.14 (Sun)

今の私はまさにタイトル通り、「できることは何でも!」
勇猛心全開です!

きのうの夕方で、ノアルテンを飲み終わったので後3、4日もすればリセットするはずです。
そして順調にいけば今月中に、
採卵→顕微授精→二段階胚移植と進んでいきます。

それまでに、人から良いと聞いたことはなるだけチャレンジしてみようと思い、
今トライしてることは・・・

・よもぎ蒸し(2月からスタート)
・鍼灸(あさってで3回目)
・足湯
・豆乳にサンビネガーを混ぜて風呂上りに一杯(これは10月頃から)
・50分のウォーキング(二日に一回くらい)

ちなみに鍼灸に関してはクリニックで出会った友達が他院を転々とし、
八回も辛い体外を経験してきてそれでも授からなかったのに、
今回はクリニックと併用しながら鍼灸院に通い、なんと授かって今は妊娠7ヶ月なんです!
素晴らしいでしょう!
なので、彼女が妊娠したと聞いた時は本当に涙がでるほど嬉しかった。。。

そんなことも踏まえての上記の何点かに励んでおります。

西洋医学と東洋医学のコラボで、奇跡をおこしてやろうと企んでます。

後はしつこいようですが、何が何でも、何が何でも、今度こそ成功しますように祈るのみです。
22:13  |  未分類  |  Comment(2)

久々に。

2010.03.04 (Thu)

6月に3度目の移植で撃沈して以来、実に9ヶ月ぶりの更新です。

実は、8月に父が仕事中に倒れて急死し、それ以降なにもするきになれず、
父亡き後の事務的な処理やら引越しやらで淡々と、忙しい毎日を消化していました。
父っ子だった私は明けても暮れても涙が止まらず、ここ一ヶ月ほど前からやっと涙の量も治まってきた感じで・・・。

3月の意識不明から生還し、退院してからの術後の日々も苦しそうで、心臓と糖尿の二つを患っていただけに
朝昼晩と13種類もの薬を飲み、傍でみていても辛かった父が、7月の終わりごろからやっと食欲もでてきて
家族みんなで、「良かったね」とホット心をなでおろしていた矢先のできごとでした。
父が倒れる前の夜、久しぶりに少し息苦しいと言い出し、
「それじゃあ湾岸道路をドライブして夜景でも観ながら、風にあたりに行こう」と、いうことになり、
大阪の朝潮橋のサービスエリアまで走らせ、USJの夜景を眺めながら、
「きれいやなぁ・・・きれいやな。」と私の前で何度も呟いていました。
結果論で言うのでは決してありませんが、そのとき「また一緒にこの夜景を観にこれるかな・・・」
そんな不安がふと、私の脳裏にちらつきました。
ところが、悪い予感とは本当に当ってしまうもので、それが父との最後の思い出になりました。
61歳で父は天国に旅立ってしまいました。

父の為にも、私自信の為にも、なにがなんでも子供を授かろう、やっと前向きな気持ちになれたのは先月の終わりごろです。

その足でクリニックに向かい院長と話し合った結果、今度は二段階胚移植に挑戦することに決まりました。
今日からノアルテンを10日間服用し、順調にいけば今月末ごろに三度目の採卵→四度目の移植です。

今度こそ、今度こそ、授かれるよう、心よりそう祈る日々です。



21:35  |  未分類  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。