03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

訂正

2009.04.27 (Mon)

すみませんm(__)m

さきほど、きのう書いた内容を少し修正しようと思い、携帯から編集していたら、
何故か文章が途中で消えてしまい、慌ててパソコンから内容を思いだしながら打ったんですが、
後半が若干省略されてしまいました焦る3

スポンサーサイト
11:26  |  未分類  |  Comment(0)

BT5日目 ついにフライング

2009.04.27 (Mon)

ICSI2回目
BT5日目
周期24日目
体温36.7℃

先ず、私は肝心なことを書き忘れていましたが、
今回私は、残念ながら5日目胚盤胞移植ではなく、
“6日目胚盤胞移植”です。

なので凍結胚移植になり、
「子宮を少し休ませてあげてからの移植にしましょう。」
ということで、今回(2回目移植)万全の体調で、
グレードが4BBの胚ちゃんを迎えいれました。

ところが・・・

今日は日曜日だったこともあり、夫(←フライング反対派)が側にいてくれたので、
思い切って”CheckOne FAST”で検査してみたところ・・・。

結果は・・・・・・・・・・。









『陰性』 真っ白でした。

気丈にいれるだろうと思っていたのに、何故か涙が溢れてきました。

「やっぱり6日目胚盤胞移植やったからかなぁ・・・。
それともここ数日、激しいくしゃみを連発でしてたからかなぁ・・・。
それとも、10キロ以上もあるキャサリンを抱きかかえて持ち上げたからかなぁ・・・。」
声にならない声で夫に訴えかけました。
そんな私に夫は必死に、ポジティブな言葉をかけ続けてくれました。
「いくら胚盤胞移植といえども、生理予定日より前に検査したところで、どこまで正確な判定ができるんか判らんやん。」

等など・・・


そんな夫の優しい言葉も上の空に私は必死で検索しまくりました。

「自宅でフライング検査して陰性でしたが、後にクリニックで血液検査をしたところ、陽性判定がでました!」
なんて人を探そうと・・・。

実際、そういうミラクルに近いことがおこった方は何人もいてはりましたが、
恐らく今回の私に関しては、ないでしょう。。。

”女の勘”と申しましょうか、なんとなくわかります。

今は、一日も早くクリニックでの正式判定を迎えて、
次周期に向けてのスケジュールの立て直しがしたい私です。
00:31  |  未分類  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。