09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

判定

2010.04.17 (Sat)

一昨日の4月15日は四度目の判定日。


結果は予想通り、陰性でした。


さすがにフライングをして覚悟はしてたけど、目の前が真っ暗になりました。

おまけに3つ採れたうちの最後の残りの胚も残念ながら力尽きてしまいましたとのこと…。

また採卵からの再スタートです。

今の私には溜め息しかでません。

しかも一度たりとも、四度とも、着床すらしたことがない。


私はひょっとすると一生、我が子を授かることができないのだろうか?

そんな絶望的な気持ちで頭の中が真っ白になり、気がついたら先生に質問の嵐をぶつけてました。

私)なぜですか?四回も移植して全て胚盤胞移植で、今回に至っては二段階移植だったにも関わらず…。何がダメなんですか?内膜も十分な厚さだったし、冷やさないよう努めたし鍼も…。なぜですか?!

先生)はっきり、これといった原因をしぼることはできないけど、過去の記録を見ると卵管水腫、もしくは子宮内が癒着しているのかもしれません。後は夫婦の染色体の問題とか…。先ずは、卵管水腫の可能性から解決していきませんか?

私)手術が必要なんですか?

先生)はい。一週間ほどの入院と。

私)体外だったら卵管に水が溜まってようが、関係ないんじゃないですか?

先生)その溜まっている水が卵管から子宮に逆流して、移植した胚を流してしまっている可能性があるかもしれない。

私)…。今は落ち着いて返答できないので、一度ゆっくり主人と相談してからお返事させてもらってもいいですか?

先生)わかりました。



そんなやりとりをして、診察室を後にしました。


でも帰り道、ずっと頭をよぎったのは、
“なぜもっと早く、3回も採卵して何度も移植をする前に、今回の卵管水腫の話しをしてくれなかったんだろう…。
今のクリニックに転院してきた時には、今日話した副院長はいなかったから誰も今回のような見解をできなかったから…?
超高額な治療費をとり、関西では“最後の砦”とか言われているくせに、どういうこと?
この治療は、身体的、精神的、金銭的に生半可か覚悟では挑めない私たち患者の気持ちを、どこまで親身になってくれてるんだろう…。
そんな思いが、頭の中をぐるぐる駆け巡ってました。


とりあえず数日、少し頭を冷やして色々考えてみようと思います。
スポンサーサイト
00:10  |  未分類  |  Comment(8)

待ちきれず。。。

2010.04.09 (Fri)

本日、
ET8日目
BT6日目

相変らず下腹部のチクチク以外、胸の張りもなにもなく、いてもたってもいられなくなり
とうとうやってしまいました。
チェックワンファストで。

結果は、陰性。真っ白。何十分待っても線はでませんでした。

正直、今回は三度目の採卵→顕微授精、四度目の移植、鍼にもせっせと通いそのお陰か胚のグレードも良かったので、
僅かながらでもどこかに小さな自信(期待)がありました。

なんでなんだろう・・・。夫と数時間にわたり話合いました。
夫は、「まだ正式な判定日まで6日もあるし、期待は捨てずに頑張ろう!」
と、ポジティブに装ってくれていますが、感度の良いチェックワンファストでの結果だし、
恐らく本心はがっくりきているんだと思います。

いわゆる“着床障害”なんだろうか・・・。
一つ目の胚はグレード1B
二つ目の胚盤法はグレード4AC

そこそこのものでも、着床すらしない。
鍼に通い、内膜を暖めて迎えても無理。

暗くて長いトンネルから抜け出すことはできないんじゃないだろうか。。。

もう何もかもイヤになってきました。

馬鹿高い治療費に、痛い思いをして、それでもなんで・・・。

そんな気持ちしか今の私には出てきません。


20:45  |  未分類  |  Comment(0)

弱気な私

2010.04.07 (Wed)

本日、
ET6日目
BT4日目

移植したそれぞれの翌日は、私にしては36.9℃という中々の高温をたたきだしてたんですが、
それ以外は見事に低い(ーー;)
ほぼ36.6℃から36.7℃をいったりきたりしています

おまけに下腹部痛やチクチク感も毎度のことなので、一切気にしません(T_T)/~~~
体温計を見て「、あ~今回もまたアカンかぁ・・・。」
なんて落胆している私をよそに、夫と母(父亡きあと同居している)は、
「今回は絶対大丈夫!夢で男の子を抱いてる姿を見た!なんかわからんけど自信があるんよ!」
なんて、言い出してる始末で。。。

そんなことを言いつつ私も、「できることは」という気持ちはやっぱり少しあり、

・鍼灸に通い
・なるだけ無理をしない程度に仕事と家事はいつもどおりこなし
・意識的に歩く
等々は、心がけてはいます。

今のところフライング検査は、15日の判定日の前日あたりに心の準備のためにしようかと考えています。

四度目の移植、そろそろ神様お願いしますよ~って感じです






12:17  |  未分類  |  Comment(2)

二段階胚移植 二回目

2010.04.04 (Sun)

きのう、4月3日(土)二つ目の胚ちゃんを戻しに行ってきました。

移植する前に先ず、培養士さんからその日の午前中の段階での胚の状態の説明が・・・。

結果は、グレード4AC

私にしては上出来です

そして服を着替え、いざ例の部屋へ・・・。


ところがそこには、今まで見たことのない女医さんが。
しかもまだ若そう・・・。
ちょっぴり不安・・・。


案の定、ベテランの女医さんが傍で見ていたとはいえども、本来なら五分ですむところを、
倍以上の時間で、器具を子宮の中であっちにこっちにと押し込まれ、痛いは腹立つはで

傍にいた看護師さんたちが、「あと何センチ!」とか声かけするほどで!
あと2、3分で終わらなかったら「他の先生に代わっていただけませんか!」
と叫ぶつもりでした。

そうこうしてるうちに、なんとか移植は終わったんですが、今度は不安が襲ってきました。
「大丈夫かな。。。先に戻した胚までさっきのカテーテルで振り回されて潰れてしまってないかな・・・。」
などと。

その影響なのか何かはハッキリ解らないけど、今朝起きれば体温は36.6℃と低く、
おまけに昨日まであったお腹の張りや胸悪さなんかは一切ございません

移植の時も、不足しないように水分も摂っていたし、超音波でもそんなに写りが悪かったとは到底おもえないけど、
もし万が一、きのうの新人のドクターのせいで着床になんらかの悪影響があったりしたら・・・とか、
イヤ~なことをアレコレ考えてしまってしまう今日の私です
14:15  |  未分類  |  Comment(2)

二段階胚移植 一回目

2010.04.02 (Fri)

きのう、3日目胚移植してきました

自宅で“よもぎ蒸し”を30分して、内膜をホカホカにしてからいざクリニックへ


暫くすると、培養士さんからの説明があり、今回は私にしてはかなり嬉しいグレードのG1b


そしていざ移植へ…・

皆さんご存知の通り、ちょっとでも子宮の位置が見えやすいように当日はオシッコをなるだけ我慢して溜めておくんですが、加減しらずの私は前回の苦い経験もあり、ガブガブと水分を摂り過ぎ肝心の移植の時には膀胱が破裂しそうになり、無事移植が終わった後はパンツもはかずにトイレへGO

でも、やっぱり不安が襲ってきたのでドクターや看護師さんたちに、
「移植後すぐにトイレにかけこみ、無意識に力んだ際に子宮から流れ落ちたりしてないでしょうか??」
と、聞いたところ、
「なんの問題もないですよ・」と、言ってはくれましたが、なんだか不安で不安で…・

私って…・


ところで…二段階胚移植となると、一般的には後で戻す方にグレードの良い胚ちゃんをもってくるんだけど、私の場合は以前にも胚盤胞になるのに6日間もかかってしまった例があるので、院長の計らいで初めに戻す胚ちゃんの方により良いグレードの胚ちゃんをということに。(ちなみにAHA済み)

残りの二つの胚ちゃんは、一つはまぁまぁのグレードなんですが、あと一つの方は昨日の段階で一昨日から4分割より先に分割が進んでいないので、恐らく期待はできないでしょうとのこと…。

明日の胚盤胞移植になってくれる子が順調に育ってくれていることを、祈るばかりです

そして、そして…。


院長の提案で良いグレードの胚ちゃんの方を1回目のきのうに移植したので、慌て中国鍼灸に連絡を入れて予約をとりました。

クリニックを出てその足でダ-に乗せて行ってもらい針を打ってもらいに

グレードが良かったことを鍼灸院長に報告すると、とても喜んでくださり明日の2回目移植に備えて今日の夕方と明日の移植後にも来るように言われました。

鍼灸院長曰く、「移植した後は病気じゃないんだから、家でじっとせず普段通り仕事も家事もするように。そうすると、子宮の血流もよくなるから。ただ無理だけはしないように!」とのこと。

過去2回の採卵、3回の移植としてきて、ほぼ忠実にクリニックのいう“お姫様生活”を守り、一度も着床すらしなかったというイヤ~な経験があるので、今回は鍼灸院長の意見を聞いてみようと思います


こうしてる間も、どうか、どうか、私たち夫婦の可愛い胚ちゃんが頑張ってくっついてくれてますように…

16:38  |  未分類  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。